読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の道

栗東市某所の道路が拡張されている。
確かにこの道は幅が狭いのだ。自動車が通りにくいのだ。だからこのあいだも交通事故が発生したりしたのだ。
道路幅が広くなることで、自動車でこの道路を利用する人にとっては非常に便利になる。もちろん、同時に歩道も整備されるのだから、歩行者や自転車で通行する人にとっても便利になる。

しかし。

歩行者や自転車しか通れない道があってもいいのではないか。
片田舎には片田舎にしかない風景があってもいいのではないか。
滋賀県が、いまさらモータリゼーションの手のひらで転がされているとしか思えない。
広い道路で、自動車で行くところといえば、どうせしょうもないショッピングモールぐらいだろう。
まぁ、道路拡張に伴って、たとえば路線バスが通るなどすればいくらか意味はあるのだろうが、その見込みはないだろう。公共交通のほうが、リスクやコストははるかに少ないはずなのだが。

風情うんぬんと言い出せば、単なるエゴでしかないのだが、それにしてもなぁ、と。
滋賀県の道が、またひとつつまらないものになろうとしている。